運動器理学療法標準評価普及協会
運動器標準評価法習得コース 第1期
お申込み受付中

運動器疾患に対する標準化された評価法の習得

​運動器標準評価法習得コース 後援:岐阜県理学療法士会

専門・認定理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会の対象(運動器)となりました

(※説明会・特別講習会を除く2021年12月末までの講習会)

理学療法は、基本的動作である寝返りから立ち上がり、歩行を訓練するものではなく、基本的動作能力を阻害する因子を予防改善するものであり、純然たる医療です。

 

今日、多くの理学療法士は個人の責任において様々な素晴らしい治療技術の習得に励んでいることと思います。

専門職には高度な知識や技術が必要とされており、運動機能を対象にする私たち理学療法士にも、解剖学や運動学に関する深い知識と、これに隣接する多くの分野の知識が求められ、さらに熟練した専門技術が要求されています。

多数の支持を得て普及が進んでいる治療技術には、相応の意義があることは間違いありません。

ですが、その適応の判断はどうされているでしょうか? 

組織や病態に応じた治療技術の選択は、特異的な理論ではなく解剖学と運動学に基づいた標準的な評価によって適切に行われるべきだと私たちは考えます。

運動器に関わる理学療法士に共通する評価が行われていたならば、手技は様々でも同じ目的の治療が選択されるはずです。また、そうならなければ専門職としては認められないのではないでしょうか。

理学療法は、一流のシェフや演奏家と同様に極めて創造的な仕事であり、ものづくりの匠の技(職人技)に似ています。免許があれば誰でも同じではなく、疾患や症状に対応した様々な評価技術・治療技術の習得に努めなくてはならず、現役でいる限り学び続けるものです。

運動機能の専門家である理学療法士は,基本的な知識と技術は絶対に習得しなければなりませんし、さらに経験が必要です。安全で効果的な治療手技を選択するためには、患者の訴える症状の原因を特定し、運動機能障害の全容を理解することが必要です。

 

それは特殊な理論に基づく特異的な検査ではなく、解剖学と運動学で全て説明のつく評価が標準化されなくてはなりません。運動器を対象にする理学療法士の誰もが共通する評価を実施することが、一定水準の良質な理学療法を提供するためにも必要だと信じます。

患者の訴えの原因を明らかにして、期待に応えられる治療技術を選択する

その前提となる「運動器疾患に対する標準化された評価法」の普及と習得を目的として活動しています。

運動器理学療法評価の位置付け (2).png

​当協会の講習会参加資格について

当協会の講習会は運動器における評価知識と技術向上の習得による運動器の専門家育成を目的としているため、理学療法士(PT)を対象としておりますが、運動器評価にご興味のある医師(Dr)の資格をお持ちの方もご参加いただけます。

お知らせ

運動器標準評価法習得コースのご紹介

運動器理学療法標準評価-全講義B.png

・ 「評価総論」では評価の概略を述べたうえで、基本的な原則を解説します。

・ 「各論講義」では関節毎に評価の原理原則を習得します。

・ 「各論講義」を受講する場合には、必ず事前に「評価総論」を受講して下さい。(この「評価総論」が全ての「各論講義」の基礎となります)

・ 各「実技」の受講には、事前にそれぞれ対応する「各論講義」の受講が必要です。

・ 「セット」は「上肢セット」「下肢セット」「体幹下部セット」「体幹上部セット」の4セットに分かれています。

・ 各「セット」は「各論講義」と「実技」がセットになっており、単発よりも受講受付が優先されます。(受講料も単発受講よりお得になります)

・ 各講習会お申込期限は各開催日の4日前までとなります。(ただしそれぞれ定員に達した時点で受付終了となります)

・ 実技受講後、希望者はペーパーテスト(オンライン)で自己理解の確認が可能です。

​・ 受講歴は翌年以降も引き継ぎが可能です。(お申込み時に受講歴をご記載ください)

・ スケジュールは変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。